お肌が敏感なとき

【まいにち美容♡私のこと】自分を大切にして変わったこと♡

こんにちは♡さおりです♪
突然ですが、みなさんのお肌は、いつも安定した状態を保っていますか?♪
私は、うまれつき「アトピー」だったので、とても不安定な状態が続いていました。
プロフィールページにもちょこっと書いておりますが、私が美容を好きになり、美容を追求したいと思ったのは、なかなか好きになれなかった私自身のお肌と向き合ったことがきっかけです。

本日はもっと私自身のことを読者さまに知っていただきたく、私のこれまでのこと、そして、美容家になりたい夢を持った経緯をお話します♡
もし、私と同じようにお肌の悩みを抱えている方がいらっしゃいましたら、ぜひ読んでいただきたいです。

自信が持てなかった学生時代

学生時代、私は皮膚科に定期的に通い、飲み薬や塗り薬を処方されていました。
しかし、塗り忘れ・飲み忘れによってなかなか改善されなかった私のお肌。今思えば、薬を飲んだり塗ったりすることが面倒くさいということを言い訳に、きちんと自分自身に向き合っていなかったからだと思いました。

痒くてどうしようもないくらい辛いのがアトピーですが、当時は「痒いから掻く」だけで、「自分のお肌を労わろう」という気持ちなんて一切なかったなと思います。
そうやって、自分のことを大切にしないでいると、自分に自信が持てなくなり、どんどん自己評価が下がってしまうんですよね。
可愛くなりたい・綺麗になりたい」という気持ちは、女性なら誰しも感じたことがあることだと思うのですが、当時の私は「(お肌を含めて)周りからどう思われているのか」ということがとても気になっていた女の子だったと思います。

先生からいただいた言葉

そんな中、かかりつけの皮膚科に行き、いつも通り、痒い箇所を診てもらっていたのですが、その時先生が私にこのような言葉を言ってくれました。
さおりさんの皮膚は確かに薄くて、掻いたときに傷付きやすいけれど、しっかりケアすれば、色白で透明感のある綺麗な肌になれるよ。」と。

私は今まで本当にお肌に自信がなく、良いところを見いだせませんでした。
しかし先生の一言で「私がマイナスに捉えていたことも、プラスに変えることができるんだ!!」と思い、すごく嬉しかったことを今でも覚えています。

自分を大切にして変わったこと

その言葉をきっかけに、しっかりと自分のお肌に向き合うことを自分自身に誓い、まずは処方していただいた薬をしっかり飲み、しっかり塗ること。当たり前ですが、まずそこからきちんと始めました。

すると、自分の中で、お肌が荒れてしまう・痒くなってしまう前兆を感じることができるようになっていきました。
例えば、洗顔の際、お肌に触れたときに感じる少しの違和感があると、その翌日や翌々日に荒れてしまうことや、
季節や気温などで感じるお肌への負担感から、そろそろ痒みが出てきそうだな、といったことが分かるようになりました。

こうやって、きちんと自分のお肌に向き合うことで、お肌の状態はとてもいい方向に変わっていき、今では、スキンケア・ボディケアをはじめとした美容が大好きになりました!
そして「周りからどう思われているのか」ということよりも、「自分なりの可愛い・綺麗を磨いていくことが何よりも自分自身を幸せにしてくれる」ということに気付きました。

これからの私の夢

そして、読者モデルなどの活動も始める中で、いろいろなブランドの美容アイテムを試しながら、2017年からはInstagramを使ってアイテムの魅力を発信していました。
最近は、このような自身の経験から「スキンケアやボディケアが、まいにちを幸せにしてくれることをみなさんに伝えたい。」という気持ちがとても強くなり、美容家を目指したいと思うようになりました。

このように自分を大切に労わることで、自分の良さに気付くことができ、新たな夢を持つことができました♡
これからも「Saori’s Beauty~さおりのまいにち美容ブログ~」を通して、みなさんの毎日に幸せをお届けできたら、と思っております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA